【閉店】悪魔セラピストA 蒼井ほのか 美白、美肌のフェロモン美人による究極の手わざ。四つん這い状態でのノンストップ悶絶地獄に脱帽

※ 閉店 ※
悪魔セラピストA
蒼井ほのか

風俗もめちゃ好きやけど、当然に「抜き」は絶対にあるんで、ある意味面白さに欠けてしまうとおもいません?
風俗を極めた?私が今はまっているのは「メンズエステ」。
「メンズエステ」の特徴はセラピストによるマッサージがスタートするまでに「キワキワな内容があるかどうかわからない」っていうドキドキがあること。
このドキドキ感が、変態の私にはもってこいという状況(笑)
メンズエステの中には、どうみても風俗やん!!ていう風俗臭丸出しのHPのお店もいっぱいあるけど、それやったら最初から風俗いったほうがいいと思うねんけど・・・・
風俗じゃないのに、抜き無しのはずやのに、こんなことが・・・」っっていう展開になった時の興奮が変態の脳には必要ってこと (笑)

そんなこんなで、今回は大阪の梅田にある「悪魔セラピストA」に突撃してきました!!

突撃の理由??
HPの女の子が可愛いし、HP内の口コミ投稿も何となく信頼性ありそうやったから。
写真で美人そうなセラピストにはたくさん口コミ数あるし、微妙に見えるってセラピストにはあまり口コミないし、なんとなく信頼できそうな感じがしたお店やから。
メンズエステはなにより直感が大事。
そして値段も梅田のメンエス相場からすると少し安い。
90分で12,000円。
たまに90分10,000円のイベント?をHPで告知してるし、そのタイミングでいけばさらにお得感あり。
この値段設定やったら、ある意味「ガチ中のガチの健全店やん!!」とかで終わってもギリギリ許せる水準やし。

まずはどのセラピストを選ぶかが大事。

私がメンエスに一番求めるものは「見た目」である。
「見た目」がめちゃ綺麗とか可愛い場合は、それだけで「え!?この子ともしかしてムフフな体験できちゃうの?」って想像するだけで勃起しちゃう(笑)
だから悪魔セラピストAのホームページのセラピスト紹介を真剣に読み込む。
お店からの紹介文は大袈裟なのがほとんどやけど、それでもセラピスト紹介文はないよりも合った方が絶対にいい。
もし全然紹介文と違うセラピストがでてきた場合は「二度とこの店いかへん」って自分の中のブラックリスト店にしたらいいだけやし。
悪魔セラピストAは何回かお世話になってるけど、少し誇張くらいで許せるレベルのセラピスト紹介(笑)
今回、私が選んだセラピストは蒼井ほのかセラピスト。
ブログで写真も何枚もUPしてるし、色白っぽいし、なんとなくセクシーやし、対応も丁寧な感じがしたから。
前から少し気になってたので、今回は思い切って指名してみた。

電話でお店に今すぐいけるか確認。

私は事前予約派ではなく、当日予約派。
メンエスの人気セラピストは何日も前から予約しないとは入れない子とかいっぱいおるけど、私は当日突然にムラムラしていきたくなるタイプやから毎回当日いきなりいますぐ行ける子を指名してる。
それでもあまり過去に地雷を踏んでないんで、ヒキが強いのかも(笑)
悪魔セラピストAの店員さんは対応が非常に丁寧で好感がもてた。
念のため今すぐなら誰がいけるか聞いたら蒼井セラピスト以外に2人ほど行ける子おったから少し悩んだけど、初志貫徹で蒼井セラピストを指名した。
予約の後、携帯にショートメールで住所と部屋番号が送られてくるんで、その住所をたよりにいざ現地へ!
<% pageTitle %>

場所は梅田の兎我野町の小綺麗なマンション。

梅田の兎我野といえば風俗街やけど、その風俗街にたたずむ綺麗なマンション。
うん、さすがに家族連れが住むには適さない場所(笑)
けっこうお水関係者が住んでるんかな?
とりあえず綺麗なマンションなんで清潔感はありそう。

いざマンションに突撃!

そして到着後に指定された部屋番号のインターホンを鳴らします。
このインターホンがまたメンズエステの醍醐味の一つ。
「こんにちは~」とか愛想が良いタイプなのか「無言」でオートロックを外すタイプなのか。
私は意外にも「無言」が好き(笑)
扉を開けるまで声を聴きたくなくて妄想を膨らましたいからっ(笑)
蒼井セラピストは「どうぞ~」と愛想のよいタイプやった。
当然に無言が好きなだけで、丁寧な対応に腹は立たずに、良い子の可能性が高いなと思いながら、いざマンションへとGO!!
そしてマンションの扉を開けて、セラピストとご対面。
ガチャ・・・お!可愛いらしい。
超絶美人とはいかないが、まぁ満足のレベルではないでしょうか。
ブログの写真の方が可愛くみえるがパネルマジックだ!!というレベルではない。
容姿の面ではハズレではない。
年齢は20代前半くらいか?
セラピストの衣装はよくある、膝上までのワンピーススタイルで二の腕と太ももが露出してる・・・
白い太ももがまぶしい・・・・弾けるような肌。肌質は良さそう。
二の腕と太ももみてるだけで、若干の半立ち状態になったのは内緒(笑)
挨拶もそこそこにして、シャワーを浴びてしっかりと紙パンツ着用する。
紙パンツはシャワーを浴びる際に、履くように言われたので、しっかりルールを守りパンツ着用。

うつ伏せスタートでマッサージが始まった。

蒼井さんに力加減を伝えます。
あの、すごくすごく弱くマッサージしてもらっていいですか?
今回の私は「ドМ」の設定だ。
「ドM」の私をみて、蒼井さんがさらにイタヅラ仕掛けてくるというパターンに持ち込みたい。
蒼井さんは「いいですよ。すごく弱くですね。わかりました。強かったらまた言ってくださいね」と笑顔でOK。
そしていざマッサージスタート。
スー・・・指先がフクラハギを通ります。
よ、弱い!!これぞフェザータッチ。
指先がフクラハギに触れている段階で、蒼井さんの技量が読み取れた。
こ、この子は人を気持ちよくさせるプロに違いない
フクラハギの段階でもう私の身体が少し反応してしまった。
ピクッ、ピクッ。
その僅かな反応も敏感に感じ取る蒼井セラピスト。
これくらい?」とイタヅラっぽく問いかけてくる。
は、はい。そ、それくらいの力でお願いします
Mモードの私は、Мっぽく蒼井さんに懇願した。
さ~っと指は太ももまで早くも上昇。
早くも気持ち良さ全開。
うっ・・・・うっ。
もはや気持ちよくて早くも少しだけ声が漏れている状況。
そこからは蒼井さんのフェザータッチでの男心を理解したマッサージのオンパレードが始まった。
うつ伏せの状態の私の鼠径部近辺に白い指が伸びてきて、鼠径部をサワサワ・・・紙パンツ越しに袋もサワサワ。
まだ開始10分にも関わらずに、私の喘ぎ声はドンドン大きくなっていく。
蒼井さん、蒼井さん・・・あっ、あっ・・あん
蒼井さんの指はほとんどの時間において鼠径部中心にフェザータッチを続けている。
私のアソコはもはやカチカチンのフル勃起で、我慢汁が大放出状態。
紙パンツを履いているので、直接タッチではないものの、それでも気持ち良さは最強クラス。
私の変態っぷりを見て蒼井さんもリズムにのってきた。
すごい声でてる。いやらしい声でてますよ
その囁きにさらに興奮する。
蒼井さん、蒼井さん、蒼井さん
もはや興奮して名前呼びまくりの錯乱状態。
はい、次はうつ伏せのまま、膝をたてて、そう四つん這いになってください
と興奮して喘ぎまくる私に蒼井さんが指示をだしました。
いわゆるわんわんスタイルへの指示。

こ、こうですか?
四つん這いを理解はしているものの、素人っぽく四つん這いになる私。
四つん這い初めて、そうその体制でいてくださいね
そう言いながら蒼井さんの白い手が股間をすり抜けて竿をサイドから包み込むような形まで伸びてきた。
二の腕は紙パンツ越しとはいえ、サオのサイドを挟んでいるようなイメージ。フェザータッチではないが、これはこれで気持ちい。
再び、私の喘ぎ声が部屋中に響き渡る内容の施術が始まった。
蒼井さんの白い手は時には腰の方から、時には足の間から、鼠径部めがけてあらゆる角度で迫ってくる。変幻自在の手わざである。
さらにはバックで突かれているような体制になり、私の敏感になってしまっている胸にも手が伸びる状況。
鼠径部、鼠径部、胸、鼠径部・・・・私の感じるあらゆる部分に対して伸びてくる白い綺麗な手。
蒼井さんの方を振り向くと、白い太ももが眩しく光り輝いていた。
私の視線に気づいた蒼井さんは、意地悪そうな笑みを浮かべながら片膝を立てた。そう片膝を立てることにより、純白のパンツがはっきり見えたのである。
あ、あっ・・・蒼井さん、感じる、あん、あっ</span>」私は興奮度合いをさらに一段階上げ、激しく感じながらも蒼井さんのパンツに目は釘付け。
すごく硬い、大きくなってるね
悶絶地獄の四つん這い終了後は、仰向けでまた悶絶。
マッサージ時間はシャワーの時間を除くので、約70分くらい。
そのうち67分は悶絶していたと思う(笑)
無事?にマッサージが終了し、シャワーへ。
最後に、「また次回くるときも楽しんでくださいね」と言っていただき、マンションを後にした。
メンズエステはお店選びさえ間違えなければ、私のように抜き無しの醍醐味を楽しめることができる。
今回はメンエスの王道といっていい抜き無しの悶絶地獄であったため大満足。若い綺麗な子相手に変態っぷりを見せつけるのに嵌ってしまっているので、また近いうちに訪れることになるだろう。